知ってるようで知らない健康食品と酵素の秘密

日本国内において販売されてる健康食品の分け方というのはややこしく全部理解して購入することは時間がかかるという具合現実と言えます。私達は一体何を配慮して健康食品をチョイスすべきか、じっくり考える必要性があると言えそうです。

健康食品をはじめたいのでれば、販売会社決めをするべきと言えるでしょう。

そうはいっても、買うのを検討するその前にその時に自分にとって必要とする栄養分を知らなければ、あなたに必要な商品を選べないでしょう。

情報化社会になり一般人でも様々な情報をすぐ検索することができるような時代となりました。成分について説明が記載されているWebサイトも多いから、健康を意識して口にしている商品に関してはとことん調べた方がいいでしょう。

酵素のパワー

美肌にも良いとされている【酵素】というのは、女性の信頼できる味方です。

酵素のパワーで肌内部のターンオーバーが整いみずみずしい肌の感触を維持することができてしまうのです。効率よく忘れず摂り入れてどんな時もフレッシュで見られたいものですね。

”酵素”を難なく飲めるようにする為、果物風の後味を足した製品もたくさんあります。

飲み始めの理由により摂取の仕方を変えたり可能だから三日坊主結果も免れそうです。紅茶に加えて飲んだら案外飲み心地がいいですよ。

酵素のパワーだけで体調が上向きになるという話は幾分難しい気がします。肝心なことは、暮らしのペースを見つめ直してバランス良い物を取る事により酵素がさらに成果をあらわすことができます。酵素頼みにならず、まずはライフスタイルをチューンナップすることもやってみてみるのもいいでしょう!

サプリメントが救う栄養不足

栄養分というのは食べ物を取ることで消化しまた吸収などを為し健康に過ごしていくために行われる生命の活動を指します。

人間が生きて行くには無くてはならないものであり更にバランスよく取り入れるスタンスが大事といわれています。

栄養補助食品は総合的に見て3つのカテゴリに分類されます。それらのうちミネラル類、ビタミンは一般的な物といえます。

ミネラルもビタミンも充分でなく、このものだけを食生活から取り込むというのは問題がありサプリメント等の助けでバランスを保つことができるのではないでしょうか。

栄養価が十分でない状況が長期間に及べば将来からだにもこの悪影響が病いとして現れます。

栄養調整食品と付き合っていくことで足りない栄養を補って、常に丈夫で病気を知らない体になりましょう。

サプリ選び

最近のサプリメントは凄くたくさんあるためどれを選んでいいかと戸惑っている方々も数多くいるのではと感じますが、口コミなどに流されずに買いましょう。

健康維持の為あるいは美を求めるものかということを確実に取捨選択しましょう。

サプリは固形物のみではなくて、ここのところそのまま飲むタイプや溶かして飲むタイプの製品も豊富に売っていますよね。

長期間にわたって使い続けることにより有効性を目いっぱい実際に感じることができ自分自身にマッチし無理をせずに持続できる仕方で使いましょう。最近は摂取効果が良く、書籍などでも扱われるほどの有効性が期待できるサプリメントも目にします。

リサーチすると色々トライしたいと思いますが重要なのはご飯です。健康補助食品だけをすがることなく毎日のご飯から栄養素を摂ってください。

タウリンのダイエット効果や吸収率について

タウリンはダイエットにも効果あり

リポビタンDでお馴染みのタウリンですが、実はこれがダイエットに良いという、驚きの研究結果があります。

タウリンと肥満との関係が研究された発表によると、タウリンの欠乏が肥満を促進する悪循環を生み出すというのです。

実験の内容は、タウリンを添加した高脂肪食をマウスに与えて、3ヶ月間体重、体脂肪率、脂肪細胞サイズなどを調べたというもので、この結果タウリンの摂取量が多いマウスほど肥満が抑制されたというのです。

さらに、肥満のマウスにタウリンを投与したところ、なんと体脂肪が減少して肥満が改善したということで、タウリンが脂肪分解を促進しているそうなのです。この研究では、高脂肪食のネズミが太るのを防ぐというタウリンの量は、

マウスの体重の1グラムあたりタウリン3ミリグラムであることが発見されたそうです。

これを純粋に人間も同じだと考えることはできませんので、可能性としてありえるという内容ですが、将来的にはこの分野で研究が進むかもしれません。

とはいえダイエットには、適切な食事と運動が基本なのをお忘れなく。

タウリンの基本的な概要はこちらをご覧ください↓

タウリンの効果

 

タウリンの吸収は部位によって違う?

医薬品のタウリンが開発された時のデータでは摂取後1時間で体内に吸収され血中濃度がピークになり、その後どんどん減っていき7時間後には通常の生体内濃度に戻ってしまいます。これは、粉状のものを、1回2g空腹時に服用した場合です。

また、ラットへ口から投与した場合の実験結果では、投与した後3時間で投与量の約20%が肝臓に取り込まれ、腎臓には30分後に約7%が分布した後、どんどん減っていったそうです。

さらに、心臓や骨格筋などは日を追って徐々に増えるものの、脳・脊髄系にはほとんど取り込まれなかったということです。

あくまでラットの実験なので人間の体を同じと考えることはできませんが、実験結果から、どうやら肝臓にはすぐに吸収され即効性がありますが、心臓や筋肉ではじわじわ吸収されるので、もう少し長い時間が必要ということになります。

また、脳や脊髄系にはほとんど吸収されていません。

脳にタウリンが重要なのは事実ですが、外から摂取してもあまり効果はなさそうです。今後、新しい方法などが開発されると面白いですね。

 

タウリンとイノシトール

栄養ドリンクには、タウリンと並んでよく配合される成分にイノシトールがあります。イノシトールは栄養ドリンクをよく飲む人やそれに精通している人の間では抗脂肪肝ビタミンという名でもよく知られています。

人間のあらゆる細胞に存在していますが、特に神経細胞の膜に多く含まれていて、脳細胞に栄養を補給することで、神経機能を正常に保つための大切な働きをしていると考えられています。

タウリンでも同様に神経細胞に働きかけるという重要な役割を果たしているのですが、口からタウリンをとっても「どうやらあまり脳にはいかないらしい」というのが現時点での科学的な見解のようでした。

これはイノシトールも同様で、イノシトールを口から摂取しても脳の役割には影響は与えないと考えられています。

さらに、タウリンが体内で生成されるように、イノシトールも生きていく上で必要な量は通常の食生活をしていれば不足する心配はないと言われています。

それでも、脂肪肝が気になるなどの理由で、イノシトールを多く摂取したい場合は、メロン、オレンジ、グレープフルーツ、すいかなどの食べ物がオススメです。

血を吐く症状のある病気

大きな病気の兆候としても知られている血を吐く症状は、放っておいては取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

血を吐く症状のある病気とその他の症状

一般に血を吐く症状は悪い病気だと思われがちですが、実際は良性の病気が多く、食道ガンや胃ガンでは出血しても少量のため、吐血することはさほどありません。

もし血を吐く症状のある方は「食道静脈瘤破裂」「マロリーワイス症候群」「胃潰瘍」「出血性胃炎」「十二指腸潰瘍」などの病気の可能性があります。

「食道静脈瘤破裂」は大量の吐血のほか、黒色便がみられることもあります。

その後の進行によっては門脈圧亢進症になることもありえます。

また同じ食道静脈瘤破裂でも肝硬変の可能性があります。肝硬変は出血が止まりにくいので特に注意が必要になります。

「マロリーワイス症候群」は吐血のほか、食道裂孔ヘルニアを伴う方が多いです。マロリーワイス症候群は約10%は下血のみと症状となるのですが、大量出血の場合は最悪ショック状態になることも。

男性に多くみられる病気で、特に中年層の30~50歳の方に多くみられます。

「胃潰瘍」は吐血のほか、代表的なものに腹痛、胸やけ、もたれ、泥状の黒色便がみられます。その後の進行によっては最悪、出血と穿孔と呼ばれる合併症にかかることもあります。

また同じ胃潰瘍でも、胃がんに伴って発生する場合があり、胃がんの存在に気付かないでいるとさらに症状の悪化につながります。

「出血性胃炎」は吐血のほか、下痢や冷え性、胃痛、頭痛、肩こり、いらいらの症状がみられます。

「十二指腸潰瘍」は吐血のほか、代表的なものにみぞおちの痛み、悪心嘔吐、食欲低下、背部痛、上腹部不快感の症状があわわれます。十二指腸潰瘍は空腹時のときに症状があらわれることが多く、ヘリコバクター・ピロリと呼ばれる細菌とも密接な関係があります。ヘリコバクター・ピロリはヒト悪性腫瘍の原因となり、この細菌が十二指腸潰瘍の原因とされます。

早期発見が運命の分かれ

どんな病気でも言えることですが、早期発見がその後の天国と地獄の分かれ道となります。

あの時病院に行っていれば・・・と後悔することのないように、早めに精密検査を受けましょう。

しかし、小さな内科にいっても、大した検査をすることはできませんので、大きな病気を見過ごしてしまう可能性もあります。

肌へのダメージ

大気汚染、汚れ、メークの残り

紫外線や大気汚染、ストレス、タバコ、携帯電話やOA機器からの電磁波、食品添加物などは刺激となって体内に活性酸素を発生しやしくして、肌を酸化させ、くすみ、肌荒れ、たるみといったダメージを肌に与え、皮ふ組織をもろくしてしまいます。

肌だけではなく、体内でこれらの活性酸素はDNAを傷つけたり、体の特定の部分に蓄積されて病気を発現させたりします。

しかも徐々に起こるので、はっきりとした症状が出た場合には手遅れとなっていることがあります。都会で暮らす私たちはこれらの大気汚染の化学物質からは逃れられませんが、毎日の生活習慣を改善する事でリスクを下げることはできます。

たとえば

  • 添加物の多い食生活を改める
  • 大気汚染 や空気の汚れ
  • 紫外線に当たらない
  • ストレスを貯めない
  • 睡眠を十分にとる
  • 喫煙を避ける
  • 脂質の多い食事をしない
  • お酒は嗜む程度にする

などが活性酸素を発生しにくくし、皮膚組織を健康に保ちます。

また高価な保湿クリームの中には油分がたくさん含まれている物があります。 長期にわたってたっぷりと油分を与え続けると、お肌の皮脂腺はうまく機能しなくなり、逆に乾燥肌へ変化してしまいます。

これはお肌が皮脂を分泌する事を止めて、角質代謝が停滞して、表皮に古い角質がどんどん蓄積されるからです。 また落としきれなかった油分が毛穴に詰まって酸化すると、ニキビや吹き出物の原因になります。

 

心身の変調など内面からのダメージ

悩み事や不安、緊張から全身の新陳代謝が鈍り、血行が悪くなると、肌がくすんでしみやソバカスが濃くなったりします。

本来肌には外からの雑菌が体内に入らないようにバリアーする役目がありますが、ストレスや過労などで皮膚の免疫力が衰えると毛穴から雑菌が入り込み、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。

また不規則な食生活や行き過ぎたダイエットなども肌の老化を加速させます。成長した人間の体は少しづつ衰え、年齢とともに、肌も老化肌へと変化します。

皮膚の水分や皮脂量が減少し、角質層が厚くなり、肌にはり、弾力がなくなってしまい、しわが出来たり、くすんで透明感も無くなります。

ホルモンは肌と密接な関係があり、例え女性であっても男性ホルモンが優位な人はそうでない人より肌トラブルが多いと言われています。また、産毛も濃くなったりします。

そして日常的に血液の循環が悪いと皮膚の新陳代謝がうまくいかず、顔色が悪く見えたりします。

タウリンの効果・副作用

元気の源として有名なタウリン。リポビタンDのCMのお陰か、日本人でこの成分の名前を聞いたことがない人はまずいないといっていいでしょう。

さて、そんなタウリンはその働きには抑制性を司る神経伝達物質を増加させます。

これによってイライラや怒り・ストレスや興奮を鎮めて体を落ち着かせる作用があります。

この神経細胞やシナプスの膜を通るカルシウムイオンという物質をタウリンは調節しているので、タウリンが脳内にたくさんある人は脳がスッキリしていることが多いといわれています。

ただし、GABAなどと同じように、脳に重要働きをする成分であることは間違いないのですが、口から摂取したタウリンがそのまま脳に運ばれるかということはないようです。

一般的に、脳で重要な機能をもつ成分は脳内で生成されていて、もし食事などで取り込んだ成分がそのまま脳に移行したら脳はパニックを起こしてしまうそうです。

ただし、全く取り込まれないということも分かっておらず、卵コリンと一緒に脳に入っていくという説もあり、この点ではマヨネーズが理想的なようです。また、脳と同じく、タウリンは目の角膜や網膜に重要な成分なので、目薬などにもよく含まれています。

網膜にはタウリンを積極的に運ぶための物質も存在していることが分かっているので、目には積極的に運ばれるようです。

 

タウリンの副作用

タウリンは、副作用がなく安全だと言われていますが、物事は何でも中庸が大切です。

理論的に大丈夫だとされていても、極端に大量に投与して、副作用を調べた訳ではありませんので常識的な範囲内でとどめましょう。

どちらにせよ、多く摂取しても、尿から出ていってしまうので意味はありません。

医薬品として、承認された際に行われた安全性の実験では、成人が1回 1 gを 1 日 3 回食後に服用した場合の副作用としては、かなり少ないですが吐き気や下痢などの副作用が報告されています。

タウリンだけの副作用だけを考えると、このように非常に安全なものですが食品やサプリメントとして摂取する場合は、その他の成分も気にする必要が大いにあります。

一番気になるのは、コレステロールが多い食べ物を摂取しすぎること。

その他にも、例えばタウリンを心臓に届けるには牛乳と一緒に取ることが望ましい、と実践した場合牛乳を取りすぎるとカロリーがオーバーすることもありますので、そこだけは注意が必要ですね。

 

タウリンを多く含む食品

タウリンを食品から取る場合は、何を食べればよいかを検討してみましょう。

まず、100g中に含まれるタウリンが圧倒的に多いのは貝類です。サザエには1536mg、牡蠣では1130mg、ホタテには1006mgが含まれています。

人間の体重の0.1%がタウリンであることを考えると、これらの貝には体重の約1%以上がタウリンなので、かなりタウリンが必要な環境で生きているのでしょう。

これらの食材も低カロリーですが、それでもカロリーが気になるという人は、スルメイカを炙って、表面に出てきた白い粉を舐めると良いかもしれません(笑)。

実はこの粉にはタウリンが凝縮されているので、それなりの量は摂取できるとのことです。元気が出ずに食欲もあんまり・・・という人はやってみてもよいかもしれませんね。

うんざりする女性

他臭症・自臭症・口臭無頓着症

社会生活で口臭を訴える人たちはつぎの3群に分類することができます。

1、他臭症=現実にいくらかの日臭があり,周囲の人にうながされて,歯科治療のついでなどに口臭の治療を希望するタイプの人たち。

2、自臭症=口臭はむしろ少なく,あったとしても正常程度であるにもかかわらず,他人の態度や素振りから, 自分の呼気に悪臭があると確信し,自発的に治療を申しでるタイプの人たち。

3、口臭無頓着症二人一倍顕著な口臭を放散しているにもかかわらず,そのことをまったく意識していないタイプの人たち。

 

②の自臭症のタイプを, さらにくわしく分類をして,まず自臭症の前段階といえる人たちを`口臭心配症″と呼んでいます。

ついで,本人のパーソナリティーのちがいによって`口臭心身症″と`口臭神経症″とに分けて,それぞれのタイプに合わせた治療をおこなっています。

心身症の人は,「人がよく,話がわかる, 自罰的」であるのに対して,神経症の人には,「神経質,他罰的, とらわれ」があるなどのちがいがあります。

治療する医師の立場としては,心身症の患者さんは,病状の説明についても納得が早く,治療にも協力的で治りやすいといえるようです。

それに対して神経症の患者さんは,症状の存在(口臭)を確信しており,医師の説明に対してもなかなか納得せず,ガンコで固執的, 自己中心的なところが見られるといった特徴があります。

 

悪臭をまきちらしても平気な口臭無頓着症の人びとも

自臭症の人は、他人に対して気づかいをしすぎるタイプに多いものです。そのため、口腔もきれいで、さしてにおいがないにもかかわらず、「自分の口臭がほかの人をひどく不快にしている」と、立ち直れないくらいに思い悩んでしまうのです。

ところが、こうした自臭症の人とは正反対のタイプもいるのです。それは、口臭の存在をいっこう気にせず、人に毛嫌いされようが平気で、呼気悪臭をまきちらしている人びとです。このタイプは″口臭無頓着症″と命名されています。

口臭無頓着症の人たちも、じつは自臭症の人たちとまったく同じ理由から、「口臭は、自分では判断ができない」ために、悪臭をまきちらしていることに気づかないでいるのです。

口臭に対する知識がないため、ひとり思い悩んで自臭症になるケースが多い

自臭症の人は、生理的口臭を他人から指摘されて、「自分には、あの不快な口臭がある!」と思いこんでしまった例が多いものです。

たとえば、ある高校生D君が、朝、家庭で起床時口臭を指摘されたとしましょう。

朝寝坊したので歯をみがいただけで登校したところ、午前中に、友人から「口がくさい―」とつづけて指摘されたとしたら― そして翌日にも……

D君が、生理的口臭や、歯垢や舌苔が口臭の元凶であるという知識をもっていなければ、「歯みがきをしてきたのに口臭がするのは、生まれつきの体質にちがいない」と早合点してしまうことにもなりかねません。

こうして、ありもしない自分の口臭にとらわれて悩む、自臭症が発症することになるのです。

体臭のなかで, とくに日本人に嫌われているものに衣服を通して発散するわきが(腋臭)があります。

わきがは,皮脂腺が変化したアポクリン腺から分泌されるにおいで,思春期とともに活動をはじめ,性的に成熟する30歳代でピークとなり, しだいに衰えていくため,哺子L動物の性フェロモン(誘引物質)の製造元であるとも考えられています。

人間のアポクリン腺の基本的なにおいのひとつとして, トリメチルアミンが分離され,それが人間のフェロモンではないかといったことも推察されています。`魚くさい″においです。

アポクリン腺は,腋の下や外陰部,肛門のまわりなどに分布していますが,人種や種族によっても発達状態にひじょうに差があります。

欧米人の約30%, 日本人の約1%にわきががあるといわれています。また,腋の下のアポクリン腺と耳垢とのあいだに明らかな関連があり,耳垢がやわらかく,粘着がある人はアポクリン腺が発達しており,発達していない人は乾いていることが明らかになっています。